Life with Knife

料理人の包丁手記

こだわりの逸品!「豪」「曜」、YAXELL(ヤクセル)のおすすめ包丁

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71CJvL3TatL._SL1064_.jpg

(画像引用元:Amazon商品ページ YAXEL 曜

ヤクセル(YAXELL)は岐阜県関市にある包丁メーカーです。創業80年、もとはポケットナイフ・メーカーから始まった企業です。もちろん現在も包丁だけではなく、キッチンウェア、ハサミ、金属洋食器などを製造販売しています。

海外にも積極的に進出しています。(日本の大手包丁メーカーはどこもそうですが)

ヤクセルの包丁の特徴を一言でいうと、「味のある」包丁が多いです。好き嫌いはハッキリ別れると思いますが、特に男性はヤクセルの包丁のかっこよさに魅せられることが多いでしょう。ヤ

上の写真を見てもわかりますが、普通じゃないですよね。明らかに「高級感」「上質さ」を演出していますからね。包丁好きの心をえぐります。

 

ヤクセル(YAXELL)のおすすめ包丁

上でも説明した通り、ヤクセルの包丁は「こだわりの逸品」が多いです。キッチン用品メーカーでもあるので、大衆向けの商品も多いのですが、包丁に関しては伝統の技を全面にだした商品設計になっています。

PREMIO(プレミオ)三徳包丁

(画像引用元:YAXELダイレクト楽天市場

PREMIO(プレミオ) 本格仕上げ 三徳包丁

 

ヤクセルの包丁の中でも価格的に最も購入しやすいモデルが、このプレミオです。3,000円程度です。

ヤクセルの包丁はけっこうどれもこだわりがあって、他メーカーと比べて高めの包丁がおおいのですが、このプレミオは一般家庭向けの商品です。

モリブデンバナジウム鋼製ですので、切れ味が永く持続します。比較的柔らかい鋼材ですので、家庭でも簡単に研げるので手入れが楽ですね。

 

 

曜 69層ダマスカス

ヤクセル 曜 69層鋼 三徳包丁 16.5cm

「曜(よう)」は個人的にヤクセルの包丁の中でイチオシの商品です。値段、切れ味、デザイン、全てにおいて魅力的です。

価格は1万円ちょい。高級刃物鋼材V金10号の切れ味と、69層の繊細なダマスカス模様が魅力です。全体のフォルムがきれいで優美さを漂わせる包丁です。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51hRvemTRWL.jpg

ハンドル(柄)もカンバスマイカルタ製で機能性とデザイン性を兼ね備えた秀逸な一本です。ちょっとオシャレな包丁が欲しい人には、すごくおすすめです。

曜は色んなバリエーションがあるので、選ぶときに少し気をつけてください。商品名にそれぞれ数字や説明が書いてあります。

刀身にディンプル(凸凹の加工)が付いたモデルもあります。ディンプル加工によって切った食材がきれいに離れるのが特長です。

また同じダマスカスでも37層で槌目模様がついてものもあります。こちらもかっこいいです。

 

 

豪 101層マイクロカーバイト鋼

豪(GOU) 三徳ナイフ 165mm 【101層マイクロカーバイト鋼・カンバスマイカルタプラス柄】

 

豪(ごう)はヤクセルの包丁の中で最高級ブランドです。価格も高いので家庭用に購入するにはハードルが高いですね。特別な人や記念日のプレゼントには向いているでしょう。

豪の最大の魅力は、101層のマイクロカーバイトで形成されるダマスカス模様と、芯材(刃の鋼材)にスーパーゴールドが使われているという点です。スーパーゴールドというはHRC硬度62~63の超硬質鋼材で、最高級の刃物鋼材です。とにかく硬いので、ものすごい切れ味ですが、研ぐのが大変というデメリットもあります。

上で紹介した曜も同じですが、ヤクセルのハンドルデザインはやっぱりかっこいいですね。緩やかな曲線がなんとも絶妙で、見とれてしまいます。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31Jl8gnbySL.jpg

高級感満点の包丁なので、料理好きや包丁好きにはたまらない逸品です。

豪専用のシャープナーも出ていますね。

職人用の包丁は砥石で研ぐことが前提で作られています。研ぎ方や砥石の紹介などはこちらの記事を参考にしてください。

関連包丁研ぎ入門!家庭でできる包丁の研ぎ方とおすすめの砥石(シャプトン)